早漏治療で痛みがある時は我慢していれば治る?

早漏治療で痛みがある時は我慢していれば治る?

早漏治療のリスクと効果

早漏治療には様々な方法がありますが、効果が高くて即効性もある施術としてはヒアルロン酸の注射があります。
亀頭にヒアルロン酸を注入する事で症状を改善する早漏治療法ですが、メスを入れて組織を切り取るような手術ではないので、施術中の負担も術後の負担も少ないのが特徴です。
施術にかかる時間も10分程度なので、長期間の入院の為に時間を確保する必要もありません。

手術中や術後の痛みなどは殆どありませんが、まったくリスクがないわけではありません。
注射をした幹部は内出血するので、必要以上に触ったりすると腫れたり痛みが出る可能性があります。
内出血は全ての人に起きるわけではありませんが、珍しい事ではなく2人に1人に生じる症状です。

早漏治療を行った当日からシャワーを浴びる事は可能ですが、熱い風呂に長時間浸かるような事はできません。
基本的には施術当日から普段の生活に戻れますが、性交渉は一週間の間は避けないといけません。

痛みや腫れを抑える為のケア

ヒアルロン酸を注射した後は日常生活に支障が出るような痛みや腫れは基本的には出ませんが、個人差もあるのでケアをして予防する必要があります。
患部の内出血を悪化させたり、痛みが出る原因となる行為はしばらく行わないようにするべきです。
早漏治療後にリスクがある行為は熱い風呂やサウナに入ったり、患部を過度に触ってしまう事です。
また激しい運動や大量の飲酒も極力避けた方が良いです。

このような行為が原因で問題が起きない程度の内出血が大きな症状を伴うケースがあるので、軽く考えずにセルフケアする事が重要です。
病院で薬などを貰った場合は、しっかり服用する事で施術後のリスクを軽減させる事に繋がります。
施術後の体の反応は人によっても違うので、どれだけ気をつけていても症状が出る可能性はゼロではありません。
もし我慢できない痛みや腫れなどが発生した時は、我慢などせずに素早く治療を受けた病院に相談するべきです。

まとめ

ヒアルロン酸を注射する早漏治療は比較的リスクも低くて、効果も高い早漏治療法です。
リスクが低いと言っても、まったくリスクがないわけではありません。
日常生活には基本的に支障が出ない程度ですが、内出血などをして腫れや痛みが出る事もあります。

術後のケアをしっかり行って痛みや腫れを防止しながらも、もし痛みや腫れが出た時は我慢せずに、治療を受けた病院に相談するべきです。
我慢して相談が遅れると、重大な問題を引き起こす可能性もあるので、異常があれば医師の判断を仰ぐべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*